←prev entry Top next entry→
海士町でアーユルベーダとスリランカのお正月
今年もやります

サミーラ企画のイベントです。

なんてお得な素敵なイベントでしょう。

私がスリランカで体験したアーユルベーダが海士町で体験できます。

ぜひぜひ皆様この機会にご参加ください!!!

(去年は大好評でした。またいきたい。たのしかった。海士が好きになった・・・と

たくさんのうれしいお言葉を皆様からいただきました。)



================================

日本海に浮かぶ小さな島、海士町で体験する

スッキリ・満足・リラックス ツアーg
時  :2009年4月24日〜26日まで 2泊3日

参加費:3万円

================================
テーマ:アーユルヴェーダとスリランカをもっと身近に

海に囲まれ、緑いっぱい、時間のゆっくり流れる島、島根県は隠岐、海士町で、アーユルヴェーダの専門家と一緒に、朝にスッキリ。昼に満足。夜にリラックス。一日まるごとアーユルヴェーダ的生活を体験してみませんか?
アーユルヴェーダというと、オイルマッサージや、ハーブ治療が連想されがちですが、普段の生活に簡単に取り入れることの出来る、簡単な健康法がたくさんあります。その知識を、アーユルヴェーダのスペシャリストと共に、体験、学べるツアーです。
最終日には、大人も子供も楽しめる、アーユルヴェーダの本場、スリランカの楽しいお正月体験も出来ます!

日程、
24日(金) 
19:00   (夕食)ゲストの先生のご紹介と
アーユルヴェーダについて気になる質問タイム
25日(土)
7:15〜7:45 ヨガ  
8:00〜9:00 朝食
10:00〜12:00 アーユル・ヴェーダ料理教室
12:00〜14:00 食事
14:00〜15:00 隠岐神社散策
15:00〜16:30 オイルのお話
マッサージ体験
18:00〜19:00 ハーブ風呂
19:00〜    夕食、懇親会


26日(日)
7:30 キリバタ(ミルクライス)とスリランカのお正月料理で朝食
 
9:30 伝統オイルランプに火をつけてお正月イベントスタート伝統行事
(ミルク沸かし)
・ コッタポラ(枕で叩きあう)
・ 目隠しでの茶碗割り
・ 針糸入れ
・ パンの早食い大会
・ 小麦粉の中のお菓子探し
・ ほかいろいろの伝統ゲーム
(去年のお正月体験の様子はこちらです)

昼にはスリランカ屋台料理コットゥを楽しめます。

15:15 お別れ

今回の先生のプロフィール
☆ 岩瀬 幸代 (いわせ さちお)
「緑の島スリランカのアーユルヴェーダ」著者。スリランカで2007年海外ジャーナリスト部門大統領賞受賞。津波による大被害が出た、2004年のスマトラ島沖大地震後、スリランカ応援友情プログラムの担い手となり、応援を続けるフリーライター
日本アーユルヴェーダ学会会員

☆ 香取 薫
1985年、ボランティアで訪れたインドでスパイス料理に魅せられ、本格的に研究を始める。さまざまな地方を歩き、主婦たちから本場の家庭料理を習う。料理教室は1992年創業、2007年南インド料理コース開設。数多くのカレー店主、料理インストラクターを輩出する。ポリシーは日本の気候や日本人の味覚に合う健康的なスパイス使い。スパイスの普及とインド文化紹介に取り組む毎日。1962年東京生まれ。

著書に『インドごはん』(出帆新社)、『うまい、カレー。』(ナツメ社)、『たった5つのスパイスで! インド家庭料理「カレーとサブジ」』(マーブルトロン)、『チャラカの食卓 二千年前のインド料理』(伊藤武共著、出帆新社)がある。

日本アーユルヴェーダ学会 会員
日本香辛料研究会 会員

☆ 松本 多恵子
幼少のころからのアトピー性皮膚炎のため、玄米菜食などのいろいろな自然療法を試み、現在は自宅でアーユルヴェーダ・機織り・ヒーリングの空間をオープン。
2007年スリランカでシャンティランカアーユルヴェーダヘルスリゾートプライマリーコース・アドバンスコース修了 
バーべリンアーユルヴェーダリゾートでINTENSIVE COURSE修了

☆ 青木雅子(あおきまさこ)
アクアエクササイズのインストラクター時代、偶然入ったワークショップでヨーガと出会い、その時感じた心の平穏に感動し、ヨーガの道へ。
2007年インド中央政府公認ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団ヨーガ・インストラクターコース卒業。2008年夏、人間のもっと深い部分を学びたいと、北インド、ダラム・サラへチベット仏教最高指導者。ダライ・ラマ14世本人による仏教講和に参加。現在、日本ヨーガ療法学会ヨーガ療法士コース受講中。
日本ヨーガ療法学会学会員。

申し込み・お問い合わせ

海士町観光協会
TEL  08514−2−0101
FAX  08514−2−0102
E-Mail info@oki-ama.org
| やだもん | 海士町 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://indoor-spice.jugem.jp/trackback/6