←prev entry Top next entry→
アーユルヴェーダ学会2
 アーユルヴェーダ学会2日目

サトビック先生がみんなのためにとつくってきてくれたおかゆを食べる
小峰ドクター(勝手にのせちゃった。いやたぶん一言いった気がする(^^;;;)
そのとなりは岡山の鍼灸されているかた(名前お聞きするの忘れちゃった)
サトビック先生の心遣い、見習いたいですね


今日は朝からクシャーラ・スートラの研究発表です
クシャーラはアルカリ、スートラは糸のことで
アルカリ糸のことです。

アーユルヴェーダでは痔の治療全体の治療にクシャーラ・スートラをもちいます
(今回は痔ろうにスポットがあたってました)
インドやスリランカではむかーしからこのクシャーラ・スートラで痔の治療をしています
これがすごいっ!アーユルヴェーダが根付いている国ならでわっ
こういう勉強をするたびに、インド、スリランカ、チベットなどなど
ありがとうといいたいっ
日本で痔の治療をするために、日本には金沢糸というものが開発されています
うーんこの発表の画面に出される画像が痛々しかったけれど
徐々になおっていく過程におどろきです。
すごいな自然の恵み


その後アーユルヴェーダにおける食事と健康とか・・・
ここで大事なのは消化力を知るということ
食べ合わせなど・・・

しってましたか?
牛乳とフルーツや肉・魚・塩は食べ合わせわるいことを・・・
未消化物がたまりやすく体調をくずしてしまうのです
子供のころよくイチゴ+牛乳とか平気で食べてたよー(><)


おもしろかったのが
これは引き込まれました。話がおもしろいっ!
日本でたった一人のチベット医師なんですよ
日本でたった一人のチベット医師なのです


体温がね、1度下がると消化力は30%ダウン
そして免疫力だって体温が一度さがると30%ダウンするんですよ

冷たいものは特にこれからの季節はさけていきましょう
わたしは氷いりのお水は氷を除いてから飲むようにしています

お湯やしょうがをとって消化力をあげていきましょう。


薬草の専門家ですっ
自然界に存在する薬草は私たちの体にいいものもたくさんあるのです
すごいですね。薬草
自然界と人間はつながっていかないといけないはずなのに
今の社会はちょっとかけ離れてることばかりだなーとおもいます
わたしも・・・・
反省反省


2日間たっぷり勉強しました。
頭がシュワシュワです・・・・(^^;;
来年もまた学会いきたいですね



頭がシュワシュワになったあとは
カトリーヌ先生やアーユルヴェーダセラピストさんや出版社さんたちや
アムチ小川さんたちと西麻布にあるVINAYA
タンドールおいしすぎー
とくに下の真ん中のカレーがおいしかったです。
コクもあって甘みもあって、たまねぎの甘さ?
なんだろう?色はそこまで黒っぽくなかったからヨーグルトいれてるのかな?
うーむスリランカ以外のカレーがよくわかりません
だから勉強しよう

おいしい料理たちです

今日もまたたのしい食事でした。
いい話もたくさんきけましたし、東京いいなーいいなー


明日で東京もおしまい

あすまた勉強してから松江にかえります

スペシャルサンクス カトリーヌ先生&遊民さん




| やだもん | アーユルヴェーダ | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2012/09/21 11:06 AM posted by: 岡山の鍼灸師
先日はお疲れ様でした。
逃げたつもりが、反ってとても怪しい存在に写ってしまってる…(´Д` )
トリミングしてくださればよかったのに。

でもあのお粥は美味しく頂きました。
合掌
2012/09/22 1:06 AM posted by: やだもん
コメントありがとうございます。つながれてよかったです(^^)
写真勝手にのせてすみません
このツーショットなかなかよかったです。
岡山、島根また近いのでおあいしましょう。
よろしくおねがいします。
おかゆおいしそうだったなー。やっぱりたべればよかったー(><)
2012/09/22 2:52 AM posted by: 香取
1件訂正。
クシャーラスートラは、痔全体を治します。痔瘻(治療がとても難しい)まで治せてしまうところが更にすごいのでありました。
2012/09/22 8:20 AM posted by: やだもん
カトリーヌ先生、訂正ありがとうございます。すごいですよねー。映像もすごかったけど、治っていく過程が・・・自然治癒力!やはりアーユルヴェーダってすばらしいとおもいました
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://indoor-spice.jugem.jp/trackback/260