スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
6月15日 夢が叶った世界遺産シーギリヤ
 印度亜にお客さんとして通いだしたころに
壁にはってあったシーギリヤの絵。
それをみてからずっと行きたくて行きたくて・・・・

スリランカ3回目にしてやっと夢がかないいってきました。

ジャングルの中のシーギリヤロック目の前にしたときの
興奮が未だにわすれられません


シーギリヤロック。。。
入場料がバカ高い・・・・ココ何年かでめっちゃ値上がりしたとのこと・・・。
まぁ仕方ないです。
高い入場チケット↑をもつHみん。


しかししかしっ高くてもいいっいきたかったんだもーーーん。


じゃじゃじゃじゃーーーんっ
目の前岩のかたまりーーーっ!!!
ぞくぞくするぅ。
観光客がほとんどいなくて貸切状態なかんじ・・・
天気もよく最高だー!

ちょっとのぼっていくとこんなところに出会えました。

岩!きゃー素敵な岩よっ。
しかしこんな狭い道・・・階段作るのもたいへんだったんだろうなー(昔)


岩を持ち上げるわたし・・・
インチキ写真ですね・・・(^^;;;


とまぁあらゆるところにこのようなボルダーがごろんごろん。
(登ったらしかられるよね・・・きっと・・・)



でずんずん登っていくと・・・


きたーーーっ
よくTVとかでみるシーギリヤレディの方々
きれいに残ってますね。不思議なかんじがします。


もっとここまで登ってくる間のところにもたくさん描かれていたそうですが
のちにお坊さんたちの修行の場であったため
多くは消されてしまったそうです。(裸ですものね)



観光客もほとんどいないのでゆっくりと記念撮影(^^)
シギリヤレディと共にジャパン代表レディ(^^;;


これはミラーウォールという壁です
昔々はぴっかぴかで自分の姿がうつるくらいだったとか・・・
たしかにいまでもめっちゃツルツルです。
昔の人の技術には脱帽です


さぁクライマーのみなさまみてください
こんなオーバーハングもありなんです
(もちろんのぼっちゃだめだけど)

ほらほらほらーーーっ


だいたい真ん中くらいに上がってくると
ライオンの入り口があります。

でそこをまた登っていくと・・・
頂上近くはこのような感じになっています
岩の上にプールがあるんですよ。プール・・・



そしてそして
トップに立つ!
ガラガラです。人は私らともう人グループだけ・・・

後ろで犬が寝転がってます
どうやってのぼってきたのかしら?そしてなにを食べているんだろう???
不思議不思議のスリランカ

スリランカのスリーパーダーという2000m級の山にのぼったときも
(初めてスリランカにいったとき。神様に挨拶しなければとおもってのぼった)
山頂あたりに犬がいた・・・。
2000mの山ですよー。ランカの犬恐るべしです。


猿もいるし
自然いっぱいですね。
動物達がのびのびと生活できますように・・・





ガイドさんと一緒に(日本語ガイドをつけました)
日本にいったことがないといっていました。
かなり日本語上手でした。
いい感じでチャラくて、いい人でした。
チャラオありがとう


おいしい空気をたくさんすったので
ものすっごく元気になりました。

ありがとうシギリヤ!!!
ありがとうスリランカ!!

その後とトリンコマリーに向けて出発

トリンコまでの道のりはガッタガタの道で
もう内臓が飛び出すかとおもった(^^;;;

トリンコ・・・・の話はまたつぎで・・・


| やだもん | スリランカ | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2012/07/15 10:21 PM posted by: nontan
玉座の上に乗っている。怒られますよ。
フレスコ画は、裸が王女で、服を着ているのは侍女です。
噴水の跡とか、石落としの場所とかも見ましたか?
麓に日本の援助でできた博物館には行きましたが?
2012/07/16 2:39 AM posted by: やだもん
ひゃーすみませーーーん(><)
噴水あと、石落しもみてきました。
JICAの援助でできた博物館は今回は時間がなくていってません・・・(><)
2012/09/19 9:39 PM posted by: nontan
トリンコの話は、いつになるのでしょうか?
2012/09/22 1:04 AM posted by: やだもん
ですよね(^^;;;もうしばらくおまちください。続きかいていきますので・・・(><)
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://indoor-spice.jugem.jp/trackback/256