スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
ゴトゥコラを日本の食卓に!レシピ大会のお知らせ

 暑い毎日がつづきますが、皆様夏ばてなどしていませんか?

さて!海士町のサミーラくんととともに活動をしている
ゴトゥコラ部の企画!!

ゴトゥコラレシピコンテスト開催がきまりました!

・ゴトゥコラ部に入部の方
・ゴトゥコラに興味のある方
誰でも参加できますっ!

是非、この機会にゴトゥコラをつかって
レシピを生み出してみませんか???

■ゴトゥコラレシピコンテストとは
ゴトゥコラ(ツボクサ)は、スリランカ・インドをはじめ、多くのアジアの国々で野菜として親しまれている植栽です。日本ではまだまだゴトゥコラの存在は知られていないのが現状です。そのゴトゥコラを日本の皆さんにも食べていただけることを願い、このコンテストを開催することといたしました。


■レシピコンテストのテーマ
「ゴトゥコラを日本の食卓に!」
ゴトゥコラはセリ科の植物で、ミツバのようなさわやかな香りを持ち、少々の苦みがあります。そのままはもちろん、煮物でも炒め物でも美味しく頂けます。また本場では、生以外に、ペーストタイプにしても好んで食べられています。
 
第1回目となる今回のコンテストでは
ズバリ「ゴトゥコラを日本の食卓に!」を合言葉に
幅広く、日本の食卓にあがるようなレシピの誕生を期待しています。

☆参加しよう!
■応募資格
 ゴトゥコラに興味のある方なら誰でも参加できます。

■応募方法

レシピをE−メールまたは郵送でゴトゥコラレシピコンテスト実行委員会までお送り下さい。
E−メールの場合、Microsoft Word、Excel、PDFの三つの種類のどちらかのフォーマットで送ってください。
●E−メール sam@oki-oki.org

●郵送 684−0404
島根県隠岐郡海士町大字福井1365−5
海士町観光協会
ゴトゥコラレシピコンテスト実行委員会
  
■レシピについて
●スリランカ料理、インド料理にはこだわりません。
●家庭にある調理器具で作ることができること。
●料理のジャンルは問いません(メインディッシュ、サラダ、お菓子、ドリンクなど)

■レシピの記載方法について
記載形式は自由、しかし二人分もしくは四人分とすること。

※送っていただいたレシピを元に実際に作り、審査いたしますので、詳しいレシピや細かな調理方法、写真などがあると、より忠実に再現出来ます

※ゴトゥコラ部以外の方で生ゴトゥコラをお持ちでない方には、ゴトゥコラ50gをお送りします。〔送料は自己負担となります〕

■スケジュール
7月30日   応募開始
9月15日   応募締め切り
9月20日   第一次審査 入賞者  10名発表
9月26日   第二次審査 優秀賞者  3名発表
10月10日 「TOKYOアーユルヴェーダフォーラム2010」にて、フォーラムに参
する皆さんに試食して頂き、投票で最優秀賞者が決まります。

■表彰(賞)に関して
●最優秀賞 1名
 副賞 島生まれ島育ち、隠岐牛10000 円相当
 
●優秀賞  2名
 副賞 隠岐の海の恵み 7000円相当

●入賞 7名
 副賞 スリランカの特産品


■審査員紹介
●審査委員長
香取薫〔プロフィール〕
1985年、ボランティアで訪れたインドでスパイス料理に魅せられ、本格的に研究を始める。さまざまな地方を歩き、主婦たちから本場の家庭料理を習う。料理教室は1992年創業、2007年南インド料理コース開設。数多くのカレー店主、料理インストラクターを輩出する。ポリシーは日本の気候や日本人の味覚に合う健康的なスパイス使い。スパイスの普及とインド文化紹介に取り組む毎日。1962年東京生まれ。

●審査員
たかはし ちかえ
 島根県松江市にある、スリランカカレーショップ印度亜スタッフ。フードコーディネーター。
“やだもん”の愛称で呼ばれ、イラストレーターとしても活躍。
 スリランカ料理に興味を持ち、実際にスリランカを訪れ、本場の味や、家庭料
理を習得。今年は西アフリカ、ニジェールにてJICAボランティア活動を行う。
 現在、日本人にも簡単に作れる、スパイス料理や、アーユルヴェーダ料理を教える。

サミーラ グナワラデナ
スリランカ出身。2001年留学生として来日2006年9月から多くのIターン者を
受け入れている島根県隠岐の海士町で暮らす。
海士町観光協会にて仕事
スリランカ・インドのアーユルヴェーダにおいてアンチエイジング
の効果があるとされるハーブ「ゴトゥコラ」を栽培商品開発に携わる。
流暢な日本語と人柄からNHKアジアクロスロードに特集されるなど
活躍は全国に広がる

■主催
●ゴトゥコラレシピコンテスト実行委員会
●ゴトゥコラ部

■協賛企業
●株式会社潮風ファーム
●株式会社ふるさと海士
■お問い合わせ先
ゴトゥコラレシピコンテスト実行委員会
〒684―0403
島根県隠岐郡海士町大字福井1365−5
海士町観光協会
担当〔サミーラ グナワラデナ〕
Tel 08514-2-0101
Fax 08514-2-0102
E-mail sam@oki-ama.org

■ゴトゥコラ部からの想い
 国によって食文化は違います。食事からその国や文化を知ることができます。
目で食べるという日本の食文化を考えてみると、日本人のまじめさやきめ細かさが伝わってきます。スリランカやインドでは、ご飯を右手で食べます。それは大地へのありがたみを指先で感じてから、召し上がるという意味合いがあります。あつあつのご飯を手で食べるとき、あつくないかと驚く方も多いと思いますが、そのとき冷たい野菜のサラダを手にとり、それをあついご飯に混ぜるとあつさがやわらぎます。スリランカではそのサラダの一つとして、ゴトゥコラのサラダがよく食卓にあがります。又は、朝ごはんのお粥としてもよく食べられています。ゴトゥコラは体にとても良く、栄養価の高い野菜ですので、赤ちゃんの離乳食にも欠かせません。
 効果、効能がある食材をサプリメントにして一秒で取れるような社会の中で私たちは生活をしています。植栽へのありがたみを感じながら、毎日のご飯を家族みんなで食べる事で、人がもっと人のことを考えられるような、あたたかい社会になるとゴトゥコラ部は強く信じています。


☆印度亜でもゴトゥコラをゲットできます!
私が愛情をそそいで育てているゴトゥコラ。
これをレシピ大会に是非参加してみたい!ゴトゥコラ料理を作ってみたいという方にお分けいたします。
印度亜にて受け渡しになります
(松江市西茶町1−24 スリランカカレーショップ印度亜:0852−32−6610)

私までメッセージください。新鮮なゴトゥコラをおわけいたします。

タイトルを「ゴトゥコラレシピ」にして
お名前
いつとりにこられるか
を記入しメッセージをください。
yadamon5296@yahoo.co.jp

ただし、8月2,3日 5,6,7,8日は不在です

私が育てているゴトゥコラ


みなさんっ!すばらしい作品をおまちしておりますっ!!!

| やだもん | ゴトゥコラ | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2010/09/14 1:18 AM posted by: よりみち
応募のアドレスが違います。
正:sam@oki-ama.org
誤:sam@oki-oki.org
2010/09/17 10:20 AM posted by: やだもん
よりみちさん:
訂正ありがとうございます。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://indoor-spice.jugem.jp/trackback/119